■プロフィール

わんにゃぶ

Author:わんにゃぶ
わんにゃぶと申します。
名前の由来は不明。


MMD用制作日記。ひとりごと。

ニコニコマイリスト
http://www.nicovideo.jp/my/mylist/#/12147623

You Tubeアドレス
http://www.youtube.com/user/wannyabu

download link YAMAHA HipGig

↑ヒップギグのダウンロードリンク

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
物理演算でけいおん!二期制作決定!?
えっと、書くネタがとても多いような気がしてきた。
なんだか何かしてないと落ち着かないや。

しばらく動画の制作は自粛しようかと思っていた矢先に、MikuMikuDanceのVer.5正式版がリリースされましたね。
物理演算正式搭載。
ほぼ同時に、かこみきさんのけいおん!モデルにもtoroさんが制作した物理演算データのモデルが同梱され配布されました。

物理演算に関しては、β版での皆様の投稿動画を見る限り、とても設定が難しそうに感じていたので、正式版のリリースまでは手を出さないようにと思っていたんですが…


正式版リリースだし、これはいろいろ試すしかないっしょ?
ということで、今まで自分の作ったモーションをいろいろあてて見ました。

数値や剛体の設定は、全くといっていいほど分からないので、なにも触らずそのままごー。
今まで設定していた髪の毛の動きなどを削除して、物理演算のみで動かす形にしてみたんですが…

まず、『わたしの恋はホッチキス』

これは予想通りというかなんというか、少し残念な結果となりました。
と、言うのも、ホッチキスの動きに関してはちょっと特殊な作りをしていまして、その作りに関して演算がモロ働いてしまうというところ。
今までのブログ記事にも書いてきたのですが、私が作るモーションは、一連のちゃんとしたモーションとしては機能していないんですよね。
具体的にはどういう点かというと、ホッチキスではそれが顕著なんですが、カメラの切り替えに合わせて頭や体の向きの角度、立ち位置などをを1フレームで大きく変化させてたりするわけです。
これはカメラにうまく表情などをを映すためにやっていることなんですが、その1フレームで瞬間移動させている動きにも、見事に演算が働いてしまいました。
止まっていなければいけない場面で、髪の毛などがぴょーーんっと跳ね上がる様はちょっと見てて笑ってしまいました(笑)
全体的にうつむき加減の描写も多いため、唯の横髪が常にほっぺたに張り付いているような感じにもなりました。
りっちゃんのスカートも終止めり込みまくりで、ちょっとかわいそうな感じ。
あずにゃんに至っては、体育館の端にいるせいか(X、Z軸の0位置から大きく離れた場所)、
髪の毛とスカートのブルブル具合が半端なかったです。
もはや人間ではない(笑)
多分設定をいじれば何とでもなるのかもしれませんが、よく分かりませんのでとりあえずデフォで。

う~ん、自分がつける動きは物理演算には向いてないのかなぁ…と思いつつ、
お、そういえば一連のモーションというならあれがあるではないか!

『ギャッツビ』

これなら現実ではありえない動きをさせていないので(いや、この動き自体がそもそもありえないのか?)うまくいくんじゃないかと思いまして…

モデルはミクさんとあずにゃん。

お?
おお!?
おおおお!!

これ、いいんじゃないっすか?
ミクさんのツインテが長すぎるので、地面に触れたときの挙動がちょっとあれですが、とてもリアルで自然な動きに見受けられました。
あずにゃんはさらにいい動きをしていたように見受けられます。
スカートのめり込みもほぼないようだし。

ふむふむ、なるほどな~
やはり一連の動きとして完成させたモーションに関しては、うまく演算は働いてくれるということですね。

しかし、物理演算を機能させながら止め画を作るのってどうするんでしょうね?
ここだけ手付けでモーション入れればいいのかな?
立ち姿で止め画がほしい場面は多くあると思うのですが、まだまだわからないことだらけ。

…ん?ということは、自分の演奏モーションには物理演算はほぼ使えないということか…?

物理演算をちゃんと機能させるためのモーションを作るのって、今までの作り方とかなり違う作り方をしなければいけないし、なんだか本末転倒のような気もします。
あとは設定をちゃんと勉強すれば、なんとかなる…のかな?

ま、とりあえず短い時間ですが、物理演算を試してみた感想です。



そして新作の『わたしの恋はホッチキス』でのコメントで、皆さん物凄い妄想を働かせていますね。

『二期はもうお前がつくれw』『二期の制作も安心ですね』『二期はMMDで制作決定かな?』

いやいやいやw
もちろん賞賛のコメントであると受け取っていますが、いくらなんでもこれは難しいですよね。
個人で制作するには技術的な問題が山積みで、とてもじゃないけれど手が出せない所です。
逆に私も見て見たいくらいです。

この冗談交じりのコメントをなぜ取り上げたのかというと、もしかしたらこれって、MMDに限らずこれから先の未来を予見したものであるかも知れないからです。
っていうか、私の妄想。

niconicoって、アマチュアの個人制作者の集まりですよね。
個人である以上、その作品にはおのずと限界がありますよね。
しかし、各分野における皆様の才能は、プロフェッショナルに値するものだと見受けられます。

MMDを初めて手にしたとき、何も出来ないながらに直感で思ったことなのですが
『これで自分でアニメとか映画とか作れるんじゃね?』
と思ってしまいました。

でも、個人でやるには、音楽は?SEは?キャラは?ストーリーは?映像は?
問題が山積みどころか、もう不可能レベル。
でも、才能ある多くの人が集まれば…

きっと、既存の概念を打ち破るくらい、素晴らしいものができるに違いない。
権利に縛られることなく、大人の事情に悩まされることもなく、とても素晴らしいものが出来るような気がするのです。

これからのniconicoを支えていくのは、むしろこういった動きが必要なような気がしています。


っていうかね、なんでこう思うかというと…
次作の構想だけは出来上がっているんですが、もうこれは自分のレベルでは不可能レベルなんじゃないかという怖さもありまして…
衣装なりステージなり背景なり、想像はできてもそれを実現するにはあまりに力不足であると感じている所です。
うん、がんばろう…
スポンサーサイト


雑記 | 20:42:28 | トラックバック(0) | コメント(11)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。