■プロフィール

わんにゃぶ

Author:わんにゃぶ
わんにゃぶと申します。
名前の由来は不明。


MMD用制作日記。ひとりごと。

ニコニコマイリスト
http://www.nicovideo.jp/my/mylist/#/12147623

You Tubeアドレス
http://www.youtube.com/user/wannyabu

download link YAMAHA HipGig

↑ヒップギグのダウンロードリンク

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『レッツゴー』 YouTube版


YouTubeに高解像度版UPしました。
今回はYouTubeで視聴できるようでよかったです。

画面内の情報が多いので、ニコニコでの解像度、画質ではちょっとツライだろうな~と思ってました。
とりあえずこれでようやく肩の荷が下りました。


・・・そういえば、zoome閉鎖で以前の動画の高画質版が見れなくなりました。

バックアップは(多分)あるので、引越しもできないことはないですが、なんか今更って感じですよね。

それもそうなんですが、以前の動画は高解像度、高画質用に作っていなかったので、高解像度用にするのにかなり苦労する気がするんです。
それに初期のころの動画は、今では見るのもハズカシイ・・・

これっていわゆる黒歴史ってやつでしょうか・・・
スポンサーサイト


MMD | 12:54:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
【MikuMikuDance】 『レッツゴー』 【MMD】 けいおんモデル



ご無沙汰しております。すでに引退してしまったんだろ?と思われていた方もお久しぶりです。

以前の記事で題材を考え直すとか言っておいて結局これだよ!
つまりはこれしか出来ないってこと、なのか・・・なぁ・・・?



相変わらず長々と書いていきすので、お暇な方以外はお付き合いなさらぬように!

動画で使ったモデル類などは、この記事の一番下に記載しています。



いつもながらに水面下での作業で、完全に深海まで潜っておりました。
効果的かどうかはともかく、いろんな所でこだわって作っていきましたので、物凄く時間というか手間がかかっています。

恐らく制作時間は、またもや過去最高を記録していることでしょう。
今回もMMDだけを使ったエフェクト、演出になっています。
構造的にも完全にMMDだけで出力できるものなんですが・・・
とにかく重過ぎて全体を一気に出力するわけにはいきませんでした。


何で今更一期のときのキャラソン?と聞かれれば、『特に意味はない!』と・・・
衝動的になんかやりたくなったってだけです。

今回のコンセプトは・・・なんでしょうね・・・?
とりあえず演出的にはライブっぽい感じなんですが、実はメインはそっちじゃない感じがしますよね。

メンバー全員がリレーで歌うってことがキモで、ここが制作の難しさでもありました。


この『レッツゴー』という曲は、それぞれのキャラソンに、各キャラのバージョンで収録されていたもので、元々は各々がソロで歌っているものしかありません。
どなたかが編集したのを使えれば楽だったんですが、どうしてもパートの区切とかで自分の考えているのと合わなかったので、しゃーなしだ・・・
ちゃんとパート分けしてから動きを作らないと、間違いなくムダな作業が増えると思ったので、かなり吟味して音から作り始めました。

とりあえず自分でヘタクソな合成して動画のようになったんですが、色々とあれ?って思うこともあると思います。


まず、曲の区切がおかしい!
そこで次にバトンする?ってとこで歌詞を切ったりしています。
もちろんそれには理由があって、簡単に言えば全員に歌う機会を与えたかったってことです。
もしメンバーが4人なら、完全に、キレイに分割してパート分けできたのでしょうが、5人だとどうしても割り切れない、非常に難しい分割作業になってしまいました。

一人のパートが短すぎると忙しくなるし、逆に長くなってもなんか飽きが来るだろうし・・・

中盤からはペアに移りますが、ここも各ペアがちゃんと歌えるようにパート振っています。
多少忙しいのは、どうしようもないですね。
一応左右に音を振ってますので、少しは聞きやすいかと思います。
ヘッドホン推奨はこういう理由です。

あと、U&I、天使にふれたよ!に続いて今回も音を擬似サラウンド化?というかそういう編集しています。
自分の環境がヘッドホンのみですので、多チャンネルのスピーカーから出る音が全く分かりません。
少なくともヘッドホンでは、通常の曲よりいい音に聞こえる気はするんですが・・・


曲のパート編集は、簡単に言えば2曲分をそのまま合成している感じなので、かなり強引な手法だなぁと思いつつも、なんとか聞けたらいっかぁ的な・・・
(ソロ部分は同じ歌い手のパートを2曲重ね、デュオの部分は、それぞれの歌い手の曲を右と左に振り分けて重ねてます)
こうすることによってソロパートからデュオパートに移ったときに、音の厚み?的な違和感がぐっと減ります。(そんな気がする)

一番ベストなのは、カラオケ音源に、それぞれのボーカルだけを抜いた声を合わせるのがいいんでしょうが、残念ながらボーカル部分だけキレイに抜く技術が自分にはありません。
どうしてもボーカル周りの音が一緒に抜けすぎてしまったり、逆にボーカル自体が抜けすぎてしまったり、とにかくクリアなボーカルには程遠い感じです。
これをオケ音源に合わせても、上記の方法のほうが聞いてみるといいという結果になってしまうので・・・

後半のユニゾンパートは、むかーしどっかで拾ったものなんですが、もはや出所が分かりません。本当に申し訳ない・・・
こちらも2曲重ね、りっちゃんむぎちゃんの叫びだけ声抜いて入れました(笑)


そもそもこの曲は、1期が終わった時点でやってみようと思っていたものでした。
しかし、あまりの資料の少なさ等々、当時の自分には難易度が高く不可能、諦めざるを得ませんでした。

こうして考えると、この曲をパート分けしてちゃんと作れたってだけで、当時からすると物凄いことだなぁと思います。
少しは成長している!?

結局の所、資料的なモノの少なさは相変わらずで、最初は本当にできるかどうかかなり不安でした。
ドラムなんかは、資料と実際の音と合わない部分が結構あったりして、自分の想像で作っている部分もかなりあります。

なんとかバンドスコア的なものが見つかったので、それをベースに少しづつ作っていったりしたんですが、分からない所はやはり分からない。
もう、ほとんど感です(笑)

モーション的なものは、今までより進化させる、というのはかなり難しい(というか、手間がかかりすぎる)と分かってきたので、じゃあどうする?
ってことで、やはり表情的なものに力を入れる方向でやってみました。

それプラス、アクセサリなどをできるだけ細やかに配置して、頑張ってます感?を出してみます。

おかげで物凄く重くなりました。
恐らく過去最高に重かったです。

これにエフェクトかけて本当に動くのか・・・?って感じでした。

ファイル開くのに5分とかかかるって・・・信じられます?(笑)
普通にオーバースペックなことし過ぎなんですよね・・・


とにかく少しでも軽くしようと、割と時間をかけてステージなど大幅に改造させて頂きました。
cubp様制作のライブステージがベースになっていますが、足場部分がちょっと重かったので、うすた様制作の野外ステージから骨組みを移植して、ついでに屋根も頂きました。

おかげ様で全体像をみると、かなり重厚な雰囲気になったと思います。
ほんのちょっとしかカメラに映らないんですケドね・・・


改造といえば、モデルの髪型等にも手を加えています。
澪さんポニテ、むぎちゃんツーサイドアップの髪型は、Lat式ミクさんからの移植です。(密かに、あずにゃんのツインテもLat式ミクさんのツインテです)
りっちゃんのチョンマゲは、かこみこさんの雪っちゃんから。
唯の髪や全員の靴などは、nn961様配布のカス子モデルから頂きました。

あずにゃんだけ雰囲気変わってませんが、うん、ツインテが一番いいですよ。
実はこげにゃん風に肌の色をいじってみたりしたんですが、なんかちょっと浮いてしまって・・・ヤメマシタ。

実際髪型とかいじるのって、結構難しいですよね。
うまくバランスとるのに、かなり時間を費やしてしまいました。

りっちゃん、むぎちゃんのヘッドセットマイクはコード含めてほぼ自作です(マイク部分だけLat式ミクから)
スタンドマイクにするとね・・・
りっちゃんがガシガシ当てるんですよね。
モロ貫通しまくりはさすがに見栄えが悪いし、かといって頭の上からマイクたらすのとかはさらに見栄え悪いし・・・
苦肉の策でヘッドセットマイクの導入です。
ついでだから、むぎちゃんにもってことで!

リストバンドはオシャレアイテム!なんですが、手首と腕の所にちょうどつなぎ目が合って、それを隠すっていう役割も与えてます。
これは以前から導入しとくべきだった・・・

あ、とっても細かい所なんですが、Tシャツの袖のところ、裏に面を張りました(笑)
以前は黒く表示されてた部分も改善です。
PMDエディタをなんとか駆使して、擬似的にですが裏面を作ったって感じです。

ついでに唯とか澪の横髪(前髪?)あたりの裏面が貼れていない所などにも面を追加しました。
これで髪が裏返っても黒く表示されることはありませぬ。


その他にも、もう自分でも忘れてしまいそうなくらいこだわった部分とかあるんですが、もう切りがないからこの辺でいいかなぁ・・・
ほとんど一瞬しか映らないものばかりで、ホント必要なのかって感じです・・・

あとは箇条書き(笑)

・空背景(昼~夕方~夜2種) アクセサリ。透過させて昼→夕方と切り替えています。4分間に昼から夜になる不思議空間。
・小物(トラック・テント・やぐら) 多分なくても誰も困らない。
・観客(多分4千くらい?) やはりこのあたりが限界か・・・?
・ライトアクセ類 最初いれてませんでしたが、思い切って追加。MMDについているライトを改造してステージに合うよう、重ね順に気をつけて並べました。動かしたかったですが、ちょっとこれ以上は無理だったかな・・・。
・背景(木、遠景) 結構重要な小物(大道具?)だと思います。これがないと地平線までノッペリしてしまうので・・・。

あとなんかありそうだけど・・・ まぁいっか・・・

お暇でしたら、動画見ながら、これか~って感じで見て頂ければ!


以下、今回の動画に使わせて頂いたモデル、エフェクト類です。
ありがとうございます!



 ■■ 使用ツール ■■
・MikuMikuDance (Multi-Model Edition)Ver.7.39
http://www.geocities.jp/higuchuu4/
・PMD エディタ
http://www6.atwiki.jp/vpvpwiki/pages/118.html(VPVP Wiki内)
・SoundEngine Free
・RadioLine Free
・AviUtl
・つんでれんこ
・鍵盤モーション:Midi2VMD(mqdl様)

・モデルデータ、衣装データ(唯・澪・紬・律・梓)
SaYaKa Project blog(かこみきさん)
http://kakomiki.blog16.fc2.com/

改造パーツデータ
Lat式ミク・Lat式ミクポニーテール
nn961様 カス子モデル
雪、亜麻音(かこみきさん) リボン、髪飾り等
MMD標準 リン

・キーボードデータ(hissaさん)
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=4052193


・ステージ、観客:イベントステージver1.1(cubp様)、野外ライブステージ2(うすた様)
・アンプ、モニタースピーカー類:paperguitar.com様より。 http://www.paperguitar.com/index.php
・マイク:マイク付ブームスタンド(Ash様)
・木→アリス邸から抜粋 http://homepage3.nifty.com/knuko/mmd/mmdIndex.html
・空背景、遠景:天空セット(環境3.0)、M諸島(銀匙様)
・トラック、テント:Google3Dより


・使用エフェクト
SoftLightHLShader+
ハーフランバートシェーダー(ノーマル・ライト)
SeriousShader
Mechanic_v1.4
SpotLight_2.0
PointLight
LensFlare
LensFlare_2
SSAO
Diffusion7
KiraKira
LightBloom
ObjectLuminous
Fireworks
balloon
フェードエフェクト




■■ 参考動画 ■■
・ギター
【けいおん!】『レッツゴー』を弾いてみた!【演奏してみた】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9881262

・ベース
『けいおん』のレッツゴーをベースで演奏してみた『'Let's Go'』
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7558574

・ドラム
けいおん!!の『レッツゴー』 を叩いてみた。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12358314

【『レッツゴー』(澪Ver.)】二期決定記念【叩いてみた】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9538598

・キーボード
バンドスコアより、Midi2VMDを使用して、鍵盤の動きに合わせて制作



MMD | 03:19:25 | トラックバック(0) | コメント(5)
MMD開発終了と自身のこれからの動向
MikuMikuDanceの開発終了が宣言されたようです。

事情はともあれ、開発者様、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。


プログラミング関係は私はとんとサッパリなんですが、MMDの進化の速度は凄まじく、それに伴う開発者様の負担も相当なものであったというのは想像に難くありません。


ここからは自身の動向についてなのですが、しばらく動画制作はお休みしようと思います。

同じ記事内で書いてしまってるので勘違いされそうですが、MMDの開発終了とは全く関係がありません。
以前より考えていたことで、『天使にふれたよ!』の記事内でも少し触れています。(総集編的な位置づけってやつですね。)

MMDの進化に伴い、制作側にとっての表現の幅は格段に広がっていったわけなんですが、それと同時に必要な技術やハード面での強化など、必須となる項目のハードルもどんどん上がって行き、さて、どうしたものかなぁと常々思っていました。

自分自身、技術的なハードルをちょっとづつクリアしていったようには思うんですが、このあたりがセンスというか、全てにおいて限界かなぁと思ってしまっています。


そもそもMMDというもの自体が初心者向けの3D動画作成ツールという位置づけであったと思うんですが、その様相も少しづつ変わってきたように思います。
より良い動画を、さらにクオリティを、と求めていくうちに必要な項目が増えすぎて、今では手に余る状況になってるように思います。


一つの動画を作るのに数百時間を必要とし、それが今ではスタンダード化してしまい、さらに、もっと・・・と、自分でも何が必要なことなのか分からなくなっています。

MMD開発終了とともにその進化もここで頭打ちになってしまうのかも知れないですが、自分自身、素人がちょっとMMDいじってみましたという感覚だけではとてもじゃないですがついていけてないように思います。


扱っている題材も含めて、このあたりで一旦考え直してみる機会なんじゃないかと思う次第であります。

未分類 | 20:31:33 | トラックバック(0) | コメント(6)
天使にふれたよ! U&I 高画質Ver.
ブログにも貼れるように、4sharedにUPしました。(仮) 
日本語対応で分かりやすいのもよかったです。

5/22までの公開とさせて頂きます。
公開終了

FLVでないと再エンコされてしまうので、色々手間取ってしまい時間がかかりました。

画面をダブルクリックでもページに飛びます。

●U&I 1280×760 100M●


一部モデルでちゃんとウェイトがのっていなかった部分があったので再出力。
ついでにシールド付のモデルに差し替えました。
唯とかの歩きでシールド踏みまくってますが仕様です。


●天使にふれたよ! 1280×760 100M●

ニコニコと同じ映像、高画質版。


どちらも細かい粗が結構見えます。

ファイルのサイズが100Mほどなんですが、WEB上での再生はかなり重いと思われます。

で、お願いなんですが、自身の環境からしかチェックできないため、よろしければどんな感じなのかコメント頂けるとありがたいです。
4sharedについてもまだ把握できてない機能もあると思うので、おかしな所とかあれば教えてください。

あと、こっちのほうが使い勝手がいいよ~っていうようなWEBストレージや動画投稿サイトなんかがあれば教えてほしいな~


雑記 | 09:00:39 | トラックバック(0) | コメント(9)
高画質バージョンについて
高画質の動画置き場として、zoome、YouTubeと利用してきたわけなんですが、YouTubeのほうも著作権保護強化の流れを受けて、UPしても動画のブロックや音声の削除など、まともに視聴できる環境ではなくなってきてしまっています。

よって、すでにYouTubeへのUPはあきらめている状況ですので、引っ越し先を検討しています。(あるいは別の方法)


WEBストレージを利用した(期間的にも場所的にも)限定した披露という方法もあるとは思うのですが、実質的にそれほど需要のないものについてあまりリスクは負いたくないというのも正直な気持ちです。


作品の性質上、この手の悩みからはどうしても切り離せないわけなんですが、どこまで手を伸ばすべきか非常に考え物です・・・


ただ、WEBストレージを利用すればファイルサイズは大きくなりますが、YouTubeと比べてさらに高画質のものをUPすることができると思います。

MMDでのけいおんというニッチな層のさらにニッチな需要ってのが本当にあるのでしょうか・・・


雑記 | 23:07:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。